これからの、お金と暮らしのメディア

Smooney Powered by CAMPFIRE

共同財布

加速するキャッシュレス化と新たなFintechの波

更新日:

日本ではキャッシュレス化がますます加速し、クレジットカードはもちろん、〇〇Payといったモバイルアプリなど、さまざまなサービスが展開されています。
これらは日本に限らず、世界中でも広がりを見せており、お金に関連したサービスとIT技術を融合させたFinTech(フィンテック)によって、人々の生活向上が期待されています。
日本よりも進んでいるといわれる海外のキャッシュレスの仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

 

FinTechって何?

そもそもFinTechとは、「Finance(ファイナンス=金融)」と「Technology(テクノロジー=技術)」を組み合わせた造語です。
金融サービスと情報技術を結びつけた新たなサービスや革新的な動きを指します。

例えば、インターネットを使って送金するネットバンキングや、アプリによるキャッシュレス決済などもFinTechによるものです。
近年、日本のスーパーなどに導入されているセルフレジなどもそのひとつ。FinTechにより、効率化やコスト削減などへの期待が高まっています。

従来、銀行などの金融機関が行っていたサービスに、規制緩和によってIT企業などが参入。FinTechを活用し、これまでとは異なる新しいサービスとして提供を始めています。

 

海外でのFinTechの動き

ネオバンクとチャレンジャーバンク

近年、海外ではネオバンクやチャレンジャーバンクといった新たな勢力が拡大しています。いずれもスマートフォンなどで申し込みを行うオンラインでのサービスを提供しています。

「ネオバンク」は、銀行業務のライセンスを持たず、銀行と提携して金融サービスを提供する企業やビジネスモデルを指します。
実は2000年代初期、アメリカではリーマンショック後に第一波が起こりました。景気の変動(減退)に伴い、近年、再び注目を浴びるようになったのです。

代表的なものとして、アメリカのSimpleやMovenなどがあります。
ここでは、一例として「Moven」を簡単にご紹介します。

「Moven」は平たくいうと「モバイルバンキングサービス」です。
アプリを使用して、日常的な決済などを可視化することに特化されています。

主な特徴
・デビットカードの仕組みを利用し、コンビニなどから簡単に入金が可能
・支払いなどをMovenカードに連携でき、お金の流れを可視化
・他の銀行などのアカウントも連携でき、取引状況を管理
・SNSやメールなどで送金が可能

銀行の基本的な機能のほか、家計管理も可能という部分に評価が得られているようです。機能がシンプルで生活に直結しているところ、CS対応やレスポンスの良さなども利用者獲得の要因と言えるでしょう。

次はイギリスや欧州を中心に広がる「チャレンジャーバンク」についてです。
こちらは銀行業務のライセンスを取得し、モバイル上でサービスを提供します。従来の銀行では行えなかったサービスなど、新たな付加価値を提供することが可能になります。

以前は銀行業務のライセンスを取得することが困難でしたが、近年は各国の規制緩和を受け、スタートアップ企業だけでなく、さまざまな企業が参入しています。

代表的なものとして、イギリスのMonzoやRevolut、ドイツのN26などがあります。
ここでは、一例として「Monzo」を簡単にご紹介します。

「Monzo」もMovenと同様に「モバイルバンキングサービス」です。
こちらはApple Payに対応するなど、銀行口座を持つだけでは得られないサービスの利用が可能です。

主な特徴
・Monzo Card(デビットカード)による決済が可能
・Apple Payに対応
・割り勘機能による個人間送金が可能
・予算設定によるお金管理が可能

こちらは、家計簿アプリや割り勘アプリなどの機能が銀行口座とセットになっている利便性が魅力です。
ただし、Monzoへの入金はクレジットカードでは行えず、他の銀行口座が必要になります。若干不便ではありますが、Revolut(もう一つのネットバンキング)や海外送金サービスなども利用できるため、現地の銀行口座を持っていなくても問題ないようです。

 

ネットバンキング利用拡大のワケ

大きな理由の一つに手数料が挙げられます。
従来の銀行は何かにつけて手数料が発生するほか、ATMの利用にも手数料がかかっています。
しかし、ネオバンクやチャレンジャーバンクでは、デジタル化によって手数料がほぼ無料となるケースが多く、利用者が増える要因となっています。

もう一つの大きな理由はスマートフォンの普及です。
近年、スマートフォンの普及は著しく、韓国では普及率が9割を超えるといわれ、アメリカやヨーロッパでも7〜8割に及ぶとされています。

さまざまなアプリが登場し、モバイル上でありとあらゆるサービスが展開されています。場所や時間を問わず、好きな時に好きな場所で自由に利用できる利便性は、若い世代を中心に支持されています。

また、日本にいるとあまり想像できないかもしれませんが、世界には銀行を利用していない人たちが存在しています。その国の情勢、銀行の機能の不完全さ、貧困、境遇など、理由はさまざまです。
そんな銀行口座を持つことができない人も、携帯電話は持っているという場合は少なくありません。そういった人々にモバイルを通じて金融サービスを提供し、決済や送金を行えるようにしているケースもあるのです。

 

多様化するFinTechサービス

ネットバンキングに限らず、お金に関わるサービスは増え続けています。
先ほど挙げたスマートフォンの普及によって、「スマホで完結」するアプリによるサービスは今後もさらに拡大していくと考えられます。

例えば、キャッシュレス国家といわれる韓国では、Galaxyで知られるSamsungが運営する「Samsung Pay」、コミュニケーションアプリのカカオトークと連携した「KakaoPay」などのモバイル決済アプリが利用されています。

また、アメリカではEarly Warning ServicesによるP2P口座間直接送金サービス「Zelle」、中国では大手ECサイトを運営するアリババの決済サービス「Alipay」など、決済や送金に限らず、アプリならではの多彩なサービスにより、クレジットカードやお財布すら持ち歩く必要がないのでは、との声もあるほどです。

日本でもキャッシュレス化が推進され、経済産業省は2025年までにキャッシュレス比率40%の達成をめざしています。2020年に向け、インバウンド需要が高まっている中、外国人観光客への対応も迫られています。

主なキャッシュレス決済(一部抜粋)
【スマホ決済】
・QRコード、バーコード決済
LINE Pay、PayPay、楽天Pay、メルペイなど
・非接触決済
おサイフケータイ、ApplePay、GooglePayなど

【カード決済】
クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
(交通系ICカード、nanaco、WAONなどを含む)

とはいえ、世界の状況をみても単なるキャッシュレス決済だけでなく、スマホという生活に密接に関わるツールと連動することによって、自分や自分を取り巻く人々の生活を豊かに、便利にすることが重視されていると考えられます。
今後は、プラスαの部分をどう充実させるかがポイントになってくるでしょう。

最後になりましたが、我らが「共同財布」について触れておきたいと思います。
実は、これまで説明してきた便利な機能やサービスのほとんどを「共同財布」が網羅していることにお気づきでしょうか?
銀行ではないので預金はできませんが、送金や集金、お金の管理、家計簿機能が搭載され、LINE Payとの連携によって決済やその他さまざまなサービスの利用が可能です。
しかも、グループ単位でできてしまうのです。

この「グループや複数人で利用できる」というサービスが急速に増えてきていることも見逃せないトピックです。世の中のニーズに応えると、個人だけでなく、複数人での利用はもはや必然と言わざるを得ないでしょう。
今後は使いやすさやわかりやすさ、付加価値といった部分にも、ぜひ注目してください。

 

まとめ

FinTechを活用したサービスは資産運用や投資など、幅広い領域にも拡大しており、単なる技術の導入や現金の使用をなくすといったものではなく、新たなサービスや仕組みを生み出すものとして期待されています。

人の生活をより便利に、スムーズにしてくれるものですが、新しいサービスにはそれぞれにメリット・デメリットが存在します。
使う側の理解や責任といった部分も、今後はさらに重要になっていくのではないでしょうか。

便利な道具を賢く使うことによって、生活が豊かになることは間違いありません。
ぜひ、みなさんも「共同財布」から新たな一歩を始めてみませんか?

 

アプリのダウンロード

「お金管理を効率化して、なめらかな生活へ」

新しくなった「共同財布」アプリのダウンロードはこちらから↓

  • この記事を書いた人

ニコちゃん

コミュニティウォレット「Gojo(https://lp.gojo.life/)」を通じて、色々なコミュニティのお金管理を支援してきたニコ。 そんな中で、コミュニティウォレットが、実はキャッシュレスよりも進んだラクなお金管理の手段だということが分かってきたニコ。 みんなにそのことを伝えていきたいと思っているニコ。

-共同財布

© Smooney, 2019 All Rights Reserved Powered by CAMPFIRE, inc.