これからの、お金と暮らしのメディア

Smooney Powered by CAMPFIRE

共同財布 同棲生活

Gojo+LINE Payを使いこなそう!〜共同財布 & キャッシュレスでスマート生活〜

投稿日:

LINE Payの新しいサービスがGojoに導入されました。
これにより、今までGojoの「マイウォレット」に貯めたお金は、自分の銀行口座に振り込むか、Gojoの共同財布への支払いにあてるかでしたが、今後は「マイウォレット」からLINE Payにチャージして支払いができるようになりました!

LINE Payとの連携でどんどん広がるGojoの利用範囲。
今回は、どんな使い方ができるのか、具体例を紹介していきます。

 

毎日のいろんな買い物にGojo + LINE Payが大活躍!

例えば、RさんとYさんの場合。
RさんとYさんは共働き夫婦。月々の生活費をGojoの共同財布にそれぞれ入金しています。
買い物などで立替え払いをしたときに、Gojoに使用した金額を申請、承認されると「共同財布」から「マイウォレット」にお金が給付されます。
Rさん、Yさんは、これまで「マイウォレット」にお金が貯まると、それぞれ自分の銀行口座に振り込んだ上で、口座から現金をおろして使っていました。

今回LINE Payと連携したことで、口座への振り込みだけでなく「マイウォレット」からLINE Payにチャージができるようになりました。
これでスーパーマーケットやコンビニなど店頭での支払いがキャッシュレスで行えるようになったのです!

RさんはさっそくGojoとLINE Payを組み合わせて使用開始。
Rさんは10,000円を「マイウォレット」からLINE Payにチャージ。LINE Payと提携している近所のスーパーマーケットで、週末の食材の買い出しをすることができました。

すでにGojoの共同財布を使用している2人は、「マイウォレット」にある程度のお金が貯まっている状態。それをLINE Payにチャージするだけで買い物ができる、つまり、自分のリアル財布からお金を立て替える必要がなくなったのです!

ある日、Rさんが自宅のトイレを使用したときのこと。
「トイレの電球が切れちゃった! こんな時に限ってストックがない…」
トイレの照明がつかないのはとても不便! でも電球だけを買いに行くのはちょっと面倒です。
そこで、Gojo+LINE Payが威力を発揮します。

Rさんは外出中のYさんに連絡しました。
「帰りにトイレの電球買ってきて!」
連絡を受けたYさんは最寄駅前の家電量販店で電球を購入。
ここで「マイウォレット」からチャージしたお金をLINE Pay決済で使用します。
キャッシュレスで簡単に支払いができるので、罪悪感や負担感を感じることもありません。

ほかにも、ドラッグストアやファミレス、居酒屋、家電量販店、アパレルショップなど、さまざまな店舗でGojoとLINE Payの組み合わせは使用可能。
RさんとYさんの日々のお買い物とお金管理が、スマホひとつでスムーズにキャッシュレスで行えるようになったのです。

 

通販サイトもGojo+LINE Payで!

LINE Payは通販サイトでの支払いにも対応しているので、Gojoと組み合わせればこんな使い方もできます。

例えばSさんとEさんの場合。
SさんとEさんは同棲中のカップル。毎日の飲料用の水を通販サイトで箱買いしています。
これまではGojoで「水」のプランを作って、共同財布にお金を積み立て、購入毎に精算していました。

購入を担当しているEさんが通販サイトで水を購入。
代金はクレジットカードで決済されるので、支払いのためのお金をGojoで申請、承認されるとEさんの「マイウォレット」にお金が入ります。
そしてそのお金を「マイウォレット」から自分の口座に入金していました。

実はEさん、この「マイウォレット」から口座への入金にちょっとしたモヤモヤを感じていたのです。銀行への振り込みはGojoから「振り込み依頼」を行ってから数日後に振り込まれるので、すぐに口座にお金は入りません。また、振込手数料※がかかることもネックでした。
※現在は振込手数料0円でご利用いただけます。

ここでGojo+LINE Payの登場です。
これまでの「振り込み依頼」を「LINE Payへのチャージ」に変更するだけで、あっという間に問題解決!
「マイウォレット」からLINE Payへのチャージはリアルタイムなので、タイムラグを感じることはありません。そして、もちろん手数料は不要です。

GojoからLINE Payにチャージする場合、Eさんの「マイウォレット」までの流れは今までと同様。「マイウォレット」からEさんは必要な金額をLINE Payにチャージ。通販サイトにアクセスして水を購入します。
このとき、通販サイトでの支払い方法にLINE Payカード(バーチャルカード)を設定すればOK。LINE PayはJCBと提携しているので、JCBのクレジットカードが使える店舗(インターネット店舗含め)での利用が可能です。
※LINE Payの詳細はこちらをご確認ください。

GojoからLINE Payを通じてインターネット通販でも使えるようになったことで、Eさんの小さなモヤモヤはスッキリ解消されました。

 

まとめ

GojoとLINE Payの連携によって、月々決まった額を入金できる「共同財布」でお金を無理なく集め、不公平感のないGojoのよさと、キャッシュレスでかんたんに支払いができるLINE Payのよさが、シームレスに体感できるようになりました。
毎日の暮らしのわずらわしさを「0」にするために、ますます便利になったGojoをぜひご活用ください!

 

アプリのダウンロード

「お金管理を効率化して、なめらかな生活へ」

共同財布アプリ「Gojo」のダウンロードはこちらから↓

  • この記事を書いた人

ニコちゃん

コミュニティウォレット「Gojo(https://lp.gojo.life/)」を通じて、色々なコミュニティのお金管理を支援してきたニコ。 そんな中で、コミュニティウォレットが、実はキャッシュレスよりも進んだラクなお金管理の手段だということが分かってきたニコ。 みんなにそのことを伝えていきたいと思っているニコ。

-共同財布, 同棲生活

© Smooney, 2019 All Rights Reserved Powered by CAMPFIRE, inc.