これからの、お金と暮らしのメディア

Smooney Powered by CAMPFIRE

共同財布 同棲生活

Gojo+LINE Payでできる!〜共同財布&キャッシュレスでもっとスマート生活〜

投稿日:

LINE Payと連携してさらに便利になったGojo、もう使ってみましたか?
共同財布のお金を「チャージして使う」というLINE Payの便利さは、使えば使うほど実感できます。
使えるお店やサービスもどんどん拡大しているので、ぜひ活用してください。
今回も前回に引き続き、便利な使い方をご紹介します!

※前回の記事はこちら

 

請求書払いもGojo+LINE Payで煩わしさ解消!

GojoとLINE Payを組み合わせれば、共同で使う公共料金もキャッシュレスでラクラク折半できます。

例えばKさんとNさんの場合。
同棲を始めたKさんとNさん。新居に引っ越した2人は、電気・水道・ガスなどの公共料金をひとまず請求書で支払い、折半しようということに決めました。
Kさんがコンビニで払ったときはNさんが料金の半額を現金で渡し、Nさんが払ったときにはその逆、と都度精算をしていました。
しかし、手元に現金がなかったり、お釣りの小銭の持ち合わせがなかったりと、きちんと折半できないこともしばしば。

そんなとき、LINE Payで送金すれば現金のやりとりが不要だと知った2人は、さっそく使ってみることに。
支払った料金の半額を「送金依頼」し、依頼を受けた方が「送金」するようにしました。
しかし、送金の依頼が思いのほかめんどうだったり、うっかり送金をし忘れたりと、お互いちょっとしたモヤモヤを感じていたのです。

 
そんなモヤモヤを解決してくれたのが、Gojoの共同財布です!
KさんとNさんはGojoで共同財布を作り、その中に電気・水道・ガス代のプランを作成。貯めたお金から必要な金額を申請して「マイウォレット」に入金し、そこからLINE Payにチャージして支払いを行うようにしました。

なんと、LINE Payの請求書払いなら、自宅からスマートフォンひとつで支払うことができるので、コンビニなどに行って現金でお金を払う必要がなくなるのです。
届いた請求書のバーコードをLINE Payのコードリーダーで読み込むだけ。簡単な操作でサクッと支払い完了です。

共同財布にはそれぞれのクレジットカードから、月々自動でお金が引き落とされて積み立てられるので、煩わしいお金のやりとりは必要ありません。
また、これまでの「送金依頼」のように相手にお願いする必要もなく、すべての手続きを1人で完結できます。
支払いのために店舗に行くこともストレスになり始めていたKさんとNさんは、物理的な負担だけでなく、心理的な負担からも解放されました。

 
細かな手間がなくなり、2人ともが均等に支払っているという実感を持てるようになったKさんとNさん。日々のお金管理がよりスムーズに行えるようになりました。
※請求書払いが可能な支払先に限ります。詳細はこちらをご確認ください。

 

忙しいときの夕食もGojo+LINE Payにお任せ!

仕事で帰りが遅くなると夕食の用意が大変ですよね。そんなときにはGojoとLINE Payを使って、奥様を料理の手間から解放してあげませんか?

例えばOさんとFさんの場合。
共働き夫婦のOさんとFさんはそれぞれ仕事が忙しく、帰宅が遅くなりがちです。
奥様のFさんが帰りがけに買い物をして夕食の用意をするのですが、遅い時間だと食材も限られ、手の込んだものは作れません。
Fさんに負担をかけていると感じているものの、料理のできないOさんが手伝おうとしても断られる始末です。

 
そこでOさんはインターネットの出前サービスを利用して、Fさんに楽をしてもらうことを考えつきました。
2人はGojoの共同財布に「生活費」として入金しているので、かかった費用は申請すればOK。
しかもLINE Payを使えばオンライン決済も可能なので、「マイウォレット」からチャージして支払うことができます。

LINE Payと提携している「出前館」は、インターネットから出前が注文できる日本最大級のポータルサイトです。これなら帰りの電車の中で注文ができ、帰宅時間に合わせて料理を届けてもらうことが可能です。

さらにOさんは駅前のスーパーに寄って、Eさんのためにワインを購入。もちろんLINE Payで支払いです。
ただし、これは共同財布のお金ではなく、Oさん個人のお金です。
「マイウォレット」からLINE Payへのチャージが可能になったことで、「共同のお金」だけでなく、「個人のお金」としての使い道も広がりました。
「マイウォレット」に貯まった自分のお金をLINE Payにチャージしておけば、コンビニでのちょっとした買い物や、ランチなど、個人的な支払いにも使えるようになったのです。

 

 
GojoとLINE Payを賢く利用すれば、遅い時間に家に帰って、あわてて料理をすることなく、ゆっくりと食事が楽しめるのです。
いつも料理を作ってくれる奥様へのワインのプレゼントも、キャッシュレスでスマートに準備することができました。
GojoとLINE Payのおかげで夫婦の仲も良好に保つことができそうです。

 

まとめ

キャッシュレス化の波がさらに大きくなってきています。
10月からの消費税増税に伴い、キャッシュレス決済によるポイント還元や値引きなどが話題になっている昨今、GojoとLINE Payの連携は、時代が要請したともいえるでしょう。
さらにGojoは新機能のリリースも控えています。今後のさらなる進化にご期待ください!

 

アプリのダウンロード

「お金管理を効率化して、なめらかな生活へ」

共同財布アプリ「Gojo」のダウンロードはこちらから↓

  • この記事を書いた人

ニコちゃん

コミュニティウォレット「Gojo(https://lp.gojo.life/)」を通じて、色々なコミュニティのお金管理を支援してきたニコ。 そんな中で、コミュニティウォレットが、実はキャッシュレスよりも進んだラクなお金管理の手段だということが分かってきたニコ。 みんなにそのことを伝えていきたいと思っているニコ。

-共同財布, 同棲生活

© Smooney, 2019 All Rights Reserved Powered by CAMPFIRE, inc.