これからの、お金と暮らしのメディア

Smooney Powered by CAMPFIRE

サークル活動 共同財布

Gojo + LINE Payでみんなハッピー!~サークル活動をもっと楽しく〜

更新日:

10月1日から消費税が10%に引き上げられ、キャッシュレス決済によるポイント還元が始まりましたね。せっかくお金を使うなら、お得に、便利に使いたいもの。
Gojoの共同財布ならLINE Payにチャージできるので、キャッシュレス決済にも対応可能!
夫婦や家族、仲間との活動…さまざまなシーンで活用できますよ♪

今回は仲間とのサークル活動での活用法をご紹介します。
メンバーからのお金の徴収、管理、そして物品の購入まで、Gojo+LINE Payならみんなのお金をスムーズに、そしてお得に利用できます!

※前回の記事はこちら

 

サークル活動のお金のあれこれ、Gojo+LINE Payでらくらく♪

おそろいのウェアでマラソン完走をめざす!

サークル会費のように複数の人からお金を集めたり、さまざまな出費を行う時にもGojoはとっても便利です!

例えば「ランニングサークルJ」の場合。
JさんはランニングサークルJの代表です。早起きして通勤前に川沿いを10kmジョギングするのが毎朝の習慣。そうやって走っているうちに知り合った仲間たちと各地のマラソン大会に出場、大会でさらに新たな仲間と出会って…と輪が広がり、いつしかランニングサークルを主宰するようになりました。

記録よりも、無理せず楽しく走ることをモットーとするサークルの現在の目標は、今度の地元のマラソン大会に参加するメンバー10人全員が完走することです。そこで、せっかく大会に参加するならおそろいのオリジナルウェアを作ろうという話になりました。

オリジナルウェアはネットショップにオーダーして、カスタマイズ費用や送料なども含めて1着10,000円程度で作れるのですが、問題はどうやってJさん以外の9人から代金を集めるかです。

メンバー全員と会えるのはマラソン大会当日になるので、そこで現金のやりとりはなるべくしたくないですし、Jさんの銀行口座へ振り込むとなると、メンバー全員に口座の情報を教えなくてはならないのでなるべく避けたいところ。
また、若手メンバーからは一度に10,000円を支払うのはきついという声も。

どうしたらよいか、Jさんは悩んでいました。

 

LINE Payでお得に購入。分割払いにも対応可能!

そこでJさんが活用したのが、Gojoの共同財布です。

JさんはGojoでランニングサークルJの共同財布を作成し、メンバーを招待して参加してもらいました。メンバー9人のうち、ウェア代金を一括で払う人が6人、分割で払いたい人が3人。分割分の代金はJさんが立て替えます。

一括払いの人は、Gojoアプリを立ち上げると「入金する」というボタンがあるので、そこから代金を共同財布に入れてもらいます。
分割払いの3人分は、Jさんが共同財布の中に「ウェア」の月額プランを作成。プランの有効期間を2か月に設定し、月々5,000円の支払いにすることに。Gojoなら一度プランに参加すれば、クレジットカード決済で自動引き落としされるので、払い忘れの心配はありません。

Jさんはお金が集まったところで引出し申請。承認されるとJさんのマイウォレットにお金が入金されます。このお金をLINE Payカード(バーチャルカード)にチャージして、ネットショップへのウェアの支払いに使用します。
LINE Payは支払いごとにボーナスが付加されるので、現金で購入するよりもお得です。しかも、今ならポイント還元も行われるので、さらにお得にウェアを作ることができました。
※ポイント還元は期間限定です。ご利用の際は期限などにご注意ください。

分割払いの残りは翌月、共同財布に自動的に入金されるので、再度Jさんが引出し申請すればOK。マイウォレットからLINE Payにチャージするもよし、銀行口座に入金するもよし。どちらも手数料はかかりません。

※LINE Payの決済方法についてはこちらをご確認ください。

こうしておそろいのウェアを手に入れたランニングサークルJのみなさん。マラソン大会当日は、メンバー全員みごと完走することができました!
後日、Jさんがウェア購入時にLINE Payで還元されたボーナスも使って、居酒屋でお疲れ会が行われました。「次の大会では少しでもタイムを上げたい!」「海外のマラソン大会にも参加してみたい!」と、みんなでこれからの夢を熱く語り合ったのでした。

 

月々の会費、細かな物品購入、売上金の分配まで!

みんなでハンドメイドを楽しみたい!

複数の人からお金を集めて管理できるGojoですが、使ったお金の精算だけでなく、売上金の分配にも利用できるのです。

例えば、「ハンドメイドサークルP」の場合。
手芸好きのDさんは、友人たち4人とハンドメイドサークルで活動しています。
最初はSNS上で知り合い、「趣味が同じ人と趣味の話をとことんしたい!」とオフ会を開催。そのうち月に1度、定期的にオフ会を開いて、わからないところを教え合ったり、パッチワークキルトなどの作品を共同で作ったりするようになりました。

どうせならサークルとして会費を出し合って、布や毛糸、ビーズやレジンなどの材料をまとめ買いしたり、レジン用UVライトやグルーガンといったみんなで使う道具を買ったりしよう、会場として公共施設やレンタルスペースを借りる費用もそこから出そうということになり、月に2,000円ずつ会費を集めることにしました。

ただサークルとはいっても、もともと趣味のオフ会から始まったため、リーダーがいるわけではありません。誰かが代表してお金を管理するのは気が重いし、かといってメンバーが持ち回りでお金を扱うのは不安です。

それに現金だと、会費を払い忘れてしまうとか、手元に1万円札しかなくて払えないとか、立替えで買ってきた材料代を精算するためにお釣りを用意しなくてはいけないとか、何かとめんどうなこともあります。

せっかくの楽しい趣味の活動で気がかりが増えるのはイヤだな、とDさんは思っていたところでした。

 

材料や道具もキャッシュレス購入

そんなとき、たまたまGojoの存在を知ったDさん。現金のやりとりにつきもののわずらわしさがなくなるということで、さっそく使ってみることにしました。

まず、DさんがGojoで共同財布を作り、「会費」の月額プランを作成。メンバーをプランに招待して参加してもらいました。クレジットカード口座から毎月2,000円ずつ自動引き落としで会費が積み立てられます。

貯まった会費から買い物をするには、まず仮払いとしてGojoでお金を引出し申請。承認されて自分のマイウォレットでお金を受け取ったら、LINE Payにチャージします。あとは雑貨店店頭でLINE Payを使ってキャッシュレス払いする、という流れです。

店頭だけでなくネット通販でもLINE Payは使えるので、手芸店のオンラインショップで材料をまとめ買いすることもできます。
Gojoではお金の履歴が簡単に確認できるので、引出し申請時にお金の使いみち説明やレシート画像を付ければ、誰が何に使ったかがひと目でわかります。

また、Gojoの「お金レポート」機能を使えば、費用の内訳もグラフで表示することができます。会場代、備品代、材料代などの名目を設定しておき、引出し申請する際に指定するだけで、自動で集計してくれます。「ちょっと使いすぎ?」や「余裕があるから欲しかったこれ買っちゃう?」など、グラフを確認することでお金の使い道の指針にもなります。

 

作品の売上金の分配もGojoで

会費の徴収や材料などの購入・精算以外にも、Gojoは活用できます。

実はDさんは個人的に作品のネット販売をしています。出品数が少ないと見た目が寂しいこともあり、仲間の作品を出品してもらうことがあります。また、みんなで作品を持ち寄ってフリーマーケットで販売もしています。

Dさんはネット販売の売上を個別に現金で用意するのが少し億劫だと感じており、またフリーマーケットは参加できないメンバーもいるので、そのメンバーの作品の売上金を預かるのは少し負担にもなっていました。そこで、これらの売上金や費用などもGojoで管理することにしたのです。

会費とは別にGojoで共同財布を作り、代表してDさんが売上金をまとめて入金することに。そこから出品にかかる費用を差し引き、それぞれが売れた作品の金額を申請し、マイウォレットに入金されるという流れです。

これまでは、短い期間であっても人のお金を預かっているという負担や、「早く渡さないと!」という気持ちがあるなど、もやもやすることも少なくありませんでした。
でも、Gojoで管理すれば現金のやりとりは必要なし! いつでも、どこでも好きな時にお金の出し入れができるようになります。

こうしてGojoとLINE Payを組み合わせることで、サークルメンバーのみんなが月々会費を払い、キャッシュレスで材料の購入ができるようになりました。そのうえ、代金精算や売上の分配などの煩わしさからも解放されたDさんたち。
作品製作にもいっそう熱が入るようになり、「今度ロックミシンも買っちゃおうか?」「ハンドメイドイベントにも出展したいね」「いつかはグループ展もやりたい!」と目標を見つけて、日々ハンドメイドに励んでいます。

 

まとめ

お金のやり取りや管理は、人数が多くなるほどに煩わしさも増えていきます。「好きなこと」でつながった仲間だからこそ、お金の問題でギクシャクするのは避けたいもの。
せっかくの楽しい時間を台無しにしないために、ぜひGojoを活用してください。

Gojoならお金に関する「煩わしい」を解消し、スムーズにしてくれます。
お金のやり取りも、人間関係も、Gojo+LINE Payで円滑にしてみませんか?

 

アプリのダウンロード

「お金管理を効率化して、なめらかな生活へ」

共同財布アプリ「Gojo」のダウンロードはこちらから↓

  • この記事を書いた人

ニコちゃん

コミュニティウォレット「Gojo(https://lp.gojo.life/)」を通じて、色々なコミュニティのお金管理を支援してきたニコ。 そんな中で、コミュニティウォレットが、実はキャッシュレスよりも進んだラクなお金管理の手段だということが分かってきたニコ。 みんなにそのことを伝えていきたいと思っているニコ。

-サークル活動, 共同財布

© Smooney, 2019 All Rights Reserved Powered by CAMPFIRE, inc.