これからの、お金と暮らしのメディア

Smooney Powered by CAMPFIRE

共同財布

Gojoから待望の新機能「お金レポート」がリリース!

更新日:

先日LINE Payの新サービスが導入され、ますます便利に!とお伝えしたばかりのGojoですが、またもや新機能が追加されたとのニュースが飛び込んできました。
その名も「お金レポート」。
共同財布でのお金管理をさらにスムーズに可視化する新たな機能について解説します!

 

Gojoに新機能「お金レポート」が登場!

みんなが思っていた「できたらいいな」が実現

Gojoを使っているみなさん、こう思ったことはないでしょうか。
「Gojoで家計簿つけられないかな」
夫婦やコニュニティ、サークルといった「グループ」のお金をまとめる、管理する、やりとりする。ここまでできるのだから、何にどれだけ使ったかを一目で見られればもっと便利なのに!と。

そんなみなさんに朗報です。
このたび、Gojoに「お金レポート」機能が新たに追加され、使ったお金の内訳を月ごとに管理できるようになりました。
そう、つまりこの機能を使えば、Gojoで家計簿がつけられるのです!

 

「お金レポート」でできること

新機能「お金レポート」は直近12ヶ月分のお金の履歴が管理できます。
買い物などに使ったお金を共同財布で「引出し申請」するとき、投稿画面から「名目」を指定すると、例えば食費、家賃、通信費、交通費など、自由に振り分けることができるようになります。

自分が使ったお金を精算するとき、名目を指定するだけで、帳簿への登録も同時にしてもらえるというイメージです。

これらは毎月、名目ごとに使った金額が集計され、グラフに表示されます。
何にどのくらい使っているのか、その割合が一目でわかるよう可視化され、「食費が思ったよりも多い」「消耗品買いすぎ?」など、共同財布の「中身」の把握ができるようになります。

月ごとのグラフを比較して、自分たちのお金の使い方の傾向がわかれば、何を節約するのか、譲れないところはどこなのかなどを見極めることができ、日常生活をより快適にするヒントも得られるでしょう。

 

名目のカスタマイズや編集も可能

名目は自由にカスタマイズできます。
よく使うものや、どのくらい使っているかを把握したいものなどを任意で設定し、お金を使う(申請する)ごとにラベリングしていきます。
名目は追加や変更も可能なので、使いながら自分たちの好みや共同財布の用途に合わせて、カスタマイズしてみてください。

また、名目は後から編集することも可能です。
名目を選択しなかったときには「未分類」に振り分けられるので、後で「引出し申請一覧」から該当する申請項目を選び、名目を指定します。
どの名目にするか迷うものなどは、時間の余裕があるときにまとめて整理するという方法もあります。

 

「何に」だけでなく「誰が」もわかる

「お金レポート」では、“何に”使ったのかだけでなく、“誰が”使ったのかもわかるようになっています。
共同財布に参加している人の「入金」と「支出」が集計され、一覧で表示されます。
プランで金額を設定していない場合などは、入金していない人が誰かを把握することに役立ちますし、自分自身が引出し申請をし忘れていることに気づくケースもありそうです。

複数の人が使うGojoでは、何に使うかはもちろん、誰が使ったのかも重要なファクターです。例えば、特定の人の負担が大きいことがわかれば、その負担もシェアすることができるでしょう。
お金管理をなめらかにすることは、人間関係を円滑にすることにもつながっていきます。

 

まとめ

財布の「中身」が可視化されることで、これまで曖昧だったことがクリアになり、さまざまな気づきが生まれることでしょう。
共同財布の使い方にも変化が起きるかもしれませんね。

共同で使用するGojoならではの機能が盛り込まれた「お金レポート」で、あなたも財布の中身をチェックしてみてはいかがですか?

 

アプリのダウンロード

「お金管理を効率化して、なめらかな生活へ」

共同財布アプリ「Gojo」のダウンロードはこちらから↓

  • この記事を書いた人

ニコちゃん

コミュニティウォレット「Gojo(https://lp.gojo.life/)」を通じて、色々なコミュニティのお金管理を支援してきたニコ。 そんな中で、コミュニティウォレットが、実はキャッシュレスよりも進んだラクなお金管理の手段だということが分かってきたニコ。 みんなにそのことを伝えていきたいと思っているニコ。

-共同財布

© Smooney, 2019 All Rights Reserved Powered by CAMPFIRE, inc.