これからの、お金と暮らしのメディア

Smooney Powered by CAMPFIRE

コミュニティ サークル活動 シェアハウス 共同財布 同棲生活 家族

海外ではポピュラーな「ジョイント・アカウント」と日本のお金事情

更新日:

みなさんは「ジョイント・アカウント」というものをご存知でしょうか?
2名以上の名義人(共同名義人)によって開設できる銀行預金口座で、共同所有ができます。
元は夫婦や親子で資産を共有するための欧米の習慣とされており、複数の名義人それぞれが口座のお金を自由に出し入れできる便利な仕組みです。

でも、実はこれ、残念ながら日本の銀行では禁止されているのです。

 

そもそも「ジョイント・アカウント」って何?

「ジョイント・アカウント」とは、「共同名義預金口座」のことを指し、1つの口座を複数人で所有する形態の銀行口座で、海外ではかなり普及しています。
夫婦で作るのが一般的ですが、家族や友人、パートナーでも作ることが可能です。
共同名義人は、それぞれがジョイント・アカウントから自由に預金を出し入れでき、生活費などを共有するために使用されています。

このジョイント・アカウントの大きなメリットとされているのは、名義人のいずれかが死亡した際に、資産の移行がスムーズに行える点です。

英米法の国では名義人の死亡によって相続が発生すると、原則、裁判手続き(プロベイド)によって遺産の確定、分配が行われます。
この手続きに数年間を要することもあり、預金の引き出しができなくなってしまうケースもあるそうです。
しかし、ジョイント・アカウントであれば、他の名義人に口座が引き継がれ、プロベイドを回避することができるのです。

このように海外では比較的ポピュラーな「ジョイント・アカウント」ですが、日本では共同名義の口座を作ることができません。
そのため、日本に来た外国人が
「共同口座が作れない!」
「どうやったら作れるの?」
とネット上で戸惑いの声を上げているのを見かけることも少なくないようです。

個人だけでなく、夫婦や家族、パートナーといった複数でのお金管理の需要は日本に限らず世界中にあり、すでにそのための仕組みも作られているのです。

 

日本でも口座を共有で使うことはできる?

さて、日本で1つの口座を複数人で使いたい時にはどうすればいいのでしょうか。

共同名義の口座は禁止されていますが、普通預金口座では、「代理人カード」というものが作れます。
これがあれば、口座の名義人以外でもATMでお金の出し入れができるようになります。

例えば、共働きの夫婦であれば、お互い決まった金額を入金しておき、そこから必要に応じてそれぞれが使うことができるので、立て替えたお金を精算するという面倒はなくなります。

ただし、この代理人カードが作れるのは「本人と生計を同一にする親族」で、作れる枚数も限定されます。
作る際には本人が銀行の窓口で手続きが必要となり、面倒な手間や時間がかかってしまうというデメリットがあります。
また、銀行口座からお互いが自由に引き出せてしまうので、使いすぎたり、知らぬ間に残高が足りなくなっていたりすることもあるので、注意が必要です。

 
この他に、共同で銀行口座を利用するためのアプリも提供されています。

みずほ銀行には「ペア口座アプリ」というものがあり、普通預金口座をパートナーと一緒に管理できます。
本人とパートナーそれぞれがアプリをダウンロードし、口座をアプリに登録すると、入出金やTodoなどをカレンダーで管理できるほか、通知機能、振替・振込、コメントやチャットなどの便利な機能が利用できます。

ただし、みずほ銀行に口座があり、「みずほダイレクト」を契約していることが条件となっているため、口座がない場合は開設手続きを行う必要があります。
また、招待されたパートナーに「みずほダイレクト」の契約がなければ、一部の機能が制限されてしまうので、お互いにみずほ銀行のユーザーではない人にとっては、メリットを感じにくいかもしれません。

 

クレジットカードを使う方法もあり

「使用」に限定するのであれば、クレジットカードの「家族カード」を利用する方法もあります。

クレジットカードの利用者の家族が利用できるカードで、銀行の代理人カードと同様に生計を同一にする親族が対象です。
家族カードを使用して買い物をした支払いは、1つの口座から引き落とされ、また明細を見ればいつ何に使ったのかを把握することもできます。
手続きはそれほど面倒ではありませんが、お金を管理するというよりは、使用する口座をまとめられるといった限定的なメリットになります。

 
結局のところ、金融機関やクレジット会社のサービスでは、名義人は1人、利用は家族に限定といった制限があるのが現状です。

大切なお金に関わることなので、簡単に「共有」できてしまっては、さまざまなリスクが伴うことが予想されます。
お金を守るための制限がなければ、思わぬトラブルに巻き込まれないとも限りません。
とはいえ、生活環境や仕事の仕方、考え方も多様化する現代において、上記のような従来のサービスだけで対応するには、非常に不便であることも事実です。

 
でも、安心してください。

不便な状況を我慢する必要はないのです!
「お金管理をクリアにしてくれる便利なツールがあったらいいのに!」
そんな要望に応えてくれるアプリをご紹介しましょう。

 

リニューアルでさらに便利になった「お財布アプリ」Gojo

家族やカップル、コミュニティなどで、お金をシェアできる「共同財布サービス」、それがGojoです。

面倒な口座開設の手続きはもちろん不要、メンバーの制限はなく、利用料もかからない、しかもアプリ上ですべて完結できるのです。

銀行口座の履歴やクレジットカードの明細では把握しきれない「使用の詳細」も履歴で確認できるほか、お金を使用する際は「申請」によって適正かどうかを判断することも可能。
無駄なお金の使用や、使い過ぎの防止にも役立ちます。

また、2019年6月に実施されたリニューアルによって、使いやすさが格段にアップ。
さらに便利に、わかりやすい仕様になりました。

例えば・・・

・日々の家計管理
・仲間との旅行資金の積み立て
・シェアハウスの家賃や共同備品の費用管理
・イベントや飲み会の出欠管理から集金、リマインド など

Gojoならすべてが可能です。

 
今後は家計簿機能なども予定されており、活用範囲もますます広がりそうです。
みなさんも、ぜひ一度試してみてはいかがですか?

アプリのダウンロード

「お金管理を効率化して、なめらかな生活へ」

共同財布アプリ「Gojo」のダウンロードはこちらから↓

  • この記事を書いた人

ニコちゃん

コミュニティウォレット「Gojo(https://lp.gojo.life/)」を通じて、色々なコミュニティのお金管理を支援してきたニコ。 そんな中で、コミュニティウォレットが、実はキャッシュレスよりも進んだラクなお金管理の手段だということが分かってきたニコ。 みんなにそのことを伝えていきたいと思っているニコ。

-コミュニティ, サークル活動, シェアハウス, 共同財布, 同棲生活, 家族

© Smooney, 2019 All Rights Reserved Powered by CAMPFIRE, inc.